集中力を高めるなら実行すべき習慣と工夫

集中するための工夫は人生をより実のある豊かなものにします

なぜ今集中しなければならないのかを自問自答してみましょう

このコラムをシェアする

目や耳からの妨害への対策

気が散って集中できない原因の多くは、外的要因によるものです。
可能な限り排除して、目の前の今やるべきことに取り組むくせをつけましょう。

妨げになりそうな趣味のためのものは、普段から視界に入らないように工夫して収納しておきます。
気になるテレビ番組は、録画して後からゆっくり鑑賞する方が気兼ねなく楽しめます。
逆に、自分が現在しなければならないことを書き出し、目につく場所に貼っておくという作戦もあります。

雑音を気にする場合は、仕事中以外ならいっそ耳栓をして遮断してしまうのも手です。
最近は、イヤホンをして音楽を流しておいて、余計な音が耳に入らないようにする人も増えています。
その際には、音を大きくし過ぎて周囲の人を不快にさせないように留意する必要があります。

対人は強い意志と毅然とした態度で

最も厄介なのが、集中したいときの周囲との人間関係です。
特に仕事関係の場合には、上手に立ち回らないと後の業務に影響が出る可能性もあります。

職場で集中したいのならば、ギスギスしない程度に自分の仕事への意欲をアピールするのも大切です。
会社では何より結果が求められますので、不必要に周囲に足並みをそろえる必要はありません。
最優先は目の前の業務なのだという姿勢を崩さず、己を律して集中力を高めましょう。

プライベートとなると、さらに誘惑が増えることが予想されます。
重大な場面で集中力を阻む家族や友人・同僚は、相手の立場を思いやれない人間だと判断してください。
対人ストレスは集中力を大きく損ねますので、普段から人間観察するくらいの気概を持って接しましょう。