集中力を高めるなら実行すべき習慣と工夫

集中するための工夫は人生をより実のある豊かなものにします

不必要な刺激を受けないように環境を整える

仕事や家庭や趣味など、あらゆる場面において集中力は必要不可欠なものです。
しかしいつでもどこでも集中できるかと言うとそれは難しく、散漫になってしまうときもあります。
ここぞというときに集中力が発揮できないと焦りが募り、ますます悪い方にいってしまいます。
自分が必要とする場面で集中力を高めるには、何をすればよいのでしょうか?

まず、集中力が本当に必要なのはどのようなときなのか考えてみましょう。
学生であればテスト前や受験前の勉強で、目的は合格なのでわかりやすいです。
社会人は、提出期限のある書類作成というシチュエーションが多いです。
入園前のお子さんのために、手作りのグッズを用意するお母さんもいることでしょう。
こうして見ると、いずれも制限時間があることがわかります。

では、時間が限られているのになぜ集中できないのでしょう?
五教科の上にテスト範囲が広すぎて、どこから手をつけていいのかわからないという学生は多いです。
複数の仕事を抱えていれば、あちこちからせっつかれてプレッシャーになります。
家事や育児に追われながら、さらに手芸の時間を設けるのはかなり苦労します。
これらは全て、自分の中での優先順位がはっきりしていないことが原因です。

そこでこのサイトでは、優先順位を決めて集中力を高めるための方法として、外的要因への対策・最優先事項の選択・時間や作業内容の区切りの設定という三点を紹介します。
日常生活にすぐに活かせる方法ですので、是非実践して充実した時間をお過ごしください。

なぜ今集中しなければならないのかを自問自答してみましょう

集中への第一歩は、目や耳からの外部の情報を制限して気持ちをやるべきことに向かわせることです。 普段から集中しやすい環境作りをしておくと、すぐに快適に作業を始められます。 集中したいときには、周囲に流されないようにする強い意思も持ち合わせておくべきです。

人は一度にたくさんのことをできません

やらなくてはならないことがどんどんたまっていくと、慌てて手あたり次第やっつけたくなります。 しかし中途半端に手をつけて投げ出していては、あとから収拾がつかなくなってしまいます。 今絶対やらなければならないことを一つだけ選び、確実に処理していくよう心がけましょう。

限りのある集中力は細分化して発揮させる

どんなに集中力のある人でも、何時間も継続させるのは不可能ですし作業効率も下がっていきます。 こまめに休憩や気分転換を入れながらその都度集中する方が、結果的にスピードも上がります。 時間や仕事内容を上手に区切って、気持ちよくすすめていくのがベストな方法です。